FC2ブログ

じゃずバルブトロンボーン吹きの日常 in 新潟 改め 亀戸

ジャズ(および居酒屋)天国、新潟を離れ、東京のド下町からお送りする、極めて個人的なジャズ情報ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【総括】第17回ジャズストリート&ねじき前夜祭ライブ

みなさま、こんにちは・そしておひさしぶりです。

いまや私のライフワークといっても過言ではない「第17回新潟ジャズストリート」に参加してきました。

今回については、最近なにかとお世話になっている長岡の「音食(ねじき)」さんでの前日ライブを含め、二日間でライブ三本でした。


【1月21日(金) ジャズスト前夜祭】

るんるんStep of Three Live @ Jazz Cafe 音食(ねじき)
細木久美(p) 東聡志(b) 八木義之(vtb) 


■1st Set

I Love You (Cole Porter)
A Sleepin' Bee (Harold Arlen)
Come Rain Or Come Shine (Harold Arlen)
The First Love Song (Bob Brookmeyer)
Country (Kieth Jarrett)
Recorda Me (Joe Henderson)

■2nd Set

Five (Bill Evans)
Love for Sale (Cole Porter)
Lotus Blossom (Billy Strayhorn)
Just Being (Lars Jansson)
Change of Heart (Pat Metheny)
Chan's Song (Herbie Hancock)
Bluesette (Toots Thielemans)

Step Of Three(別名 姑息トリオ)としての三回目のライブ。
ちなみにねじきの看板には「八木・細木・東 スーパー」という名前になっておりました。スーパー何?、マーケットか?(笑)

前二回については「エレピの使用」というのがこのバンドサウンドをより姑息なものにしていたと思うのですが、今回は生ピを使用してもっとストレートな感じを出せたような気がします。と書くとかっこいいですが、つまりはわりとフツーにやりました、ということですね。

前にもやった曲が7曲で新曲は6曲。このうち2曲はわりと早い段階からやることを決めていたのですが、のこり4曲はほぼ前日のメールのやりとりで決まりました。今回はスタンダードナンバーもわりかし取り上げましたが、やり過ぎない程度にこじゃれた感じにはなっていたのではないかと。

ということで全般的には前より地味な印象だったかもしれませんが、3人のまとまり具合という点ではさすがにこなれて来たような印象があります。
これは翌日のライブにもつながることなんですが、東さんの手の内がようやく見えてきたというところによるもののような気がします。

フォト

このライブについては璃事長がすでにブログにアップしているので興味のある方はそちらもご参照ください。珍しくあんまりほめてくれてません(笑)

◇忘却の彼方から。。。音食編
http://plaza.rakuten.co.jp/mysecretroom/diary/201101290000/


【1月22日(土) ジャズストリート当日】


前日は時間も遅かったのでねじきでビール一杯飲んだだけで、早々に駅前のホテルにチェックイン。翌朝も7時起床と、新潟ツアーにはあるまじき規則ただしい生活(笑)
こちらはホテルの朝ごはん会場からの風景。
う~ん、雪国。
フォト

ということで9時過ぎの新幹線にのり10時には新潟到着。
ここからは、10:45ファビオトリオリハ(からかみ屋)→11:45ヤギブラリハ(あぽろん)→13:00ファビオトリオ本番(からかみ屋)→14:40ヤギブラ本番(フラッシュ)という、大晦日の芸能人なみの過密スケジュール(爆)
たまたま会場であるからかみ屋・フラッシュとリハ会場のあぽろんが移動時間一分以内と近かったのでできたこと。私はすべての移動において、上着なし、楽器は裸のままでした(笑)

では一発目から。

るんるんFabio Bottazzo Trio @ からかみ屋
Fabio Bottazzo(g) 東聡志(b) 八木義之(vtb)

Miles Ahead (Miles Davis &Gil Evans)
Chameleon (Herbie Hancock)
You Must Believe In Spring (Michel Legrand)
Ask Me Now (Thelonious Monk)
Dondolando (Fabio Bottazzo)
One Finger Snap (Herbie Hancock)
Waltz New (Jim Hall)

基本的には前回ねじきライブでやった曲からのセレクト。
ただし曲順については今回ヤギブラリハ中にファビオと東さんに決めてもらったので間違ってるかも。

ねじきライブのときは初顔合わせということもあり、かなり緊張してけっこうそれぞれの出方をさぐりながらやっていたのだが、今回は余計な力を入れずわりと自然に演奏できたような気がします。
それにしてもファビオと東さんのプレイはいつ聴いてもほれぼれしますな。お互いに相手の音をよーく聴いいて、インスパイアし合いながら音楽を作っていく。いつか自分もふたりと張り合えるような演奏がしたいものです。
フォト

昨年よりスタートした、Step Of Three そして Fabio Bottazzo Trioは 僕自身の音楽活動の中で非常に大きな、そして新しい収穫でした。どちらもドラムレストリオでコード楽器が変わっただけなんですが、今回のライブでそれぞれの方向性の違いや良さももはっきり出せたような気がします。


るんるん八木ブラザーズ Ver,9.0 @ Jazz Flash
八木敬之(ts) 八木義之(vtb) 細木久美(p) 大村光宏(b) 西尾健一(ds)

<1st Set>
Blues for pop (Don Grolnick) 
Dolphin dance (Herbie Hancock)
Woody'n you (Dizzy Gillespie)
Pauletta (Bob Berg)
Rrecorda me (no me esquelca)

<2nd Set>
Brilliant corners (Thelonious Monk)
Hit or miss (Randy Brecker)
Jacknife(Randy Brecker)
Wrong together (Steve Swallow)
Neptune (Bob Berg)


さて、最後はいつものヤギブラです。
皆様ご想像のとおり、この一年は上記二つのトリオ企画にばかり頭がいっていたため、正直ヤギブラについてはいつも以上に準備を怠ってしまいました。
せっかく「ジャズストの顔」(笑)という大変名誉なご紹介http://sankei.jp.msn.com/region/news/110121/ngt11012117510028-n1.htmをいただいたのに申しわけない。

今回については新曲はWood'yn YouとHit Or Missの二曲のみ。
あとの曲については前にやったことのある曲からのセレクトです。
ま、そういう意味では間違いなく手抜きなんですが、選曲にあたりあらためて過去曲を整理してみたところ、なんとレパートリーがすでに70曲もあったことに気づきました。基本このバンドはジャズスト限定なので、過去に参加した8回で70曲をこなして来たということです。この数字を見るとわれながらびっくりですな。ふつう一回のライブで演奏するのはほぼ10曲程度(一曲がたいてい10分前後かかるもので・・・)ですから、ジャズストでは毎回7割がたは新曲をそろえていたということですね。

ということで、今回のセレクトとしては「むか~しやってしばらくやっていない」とか「一回だけしかやってない」というものの中からわりとよさそうなものを集めてみました。

さて今回のヤギブラ、みなさんはどうお思いになりましたか?

ちなみに兄は
「バンド全体としては、可もなく不可もなくって感じでしょうか」
と日記に書いております。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1664893153&owner_id=7238953

その日記には、ヤギブラ専属録音担当であるBootlegger Tさまも
「今回の演奏を過去の音源と聞きくらべると、こってり感が薄らいでいると思います。(悪くはありませんよ。)」
とコメントされています。

う~ん。確かにそうなんだろうなぁ。。。。

今までヤギブラは自らハードルをどんどん上げてしまったがため、今回「Randy Breckerの新曲あります!」ぐらいではもう誰も驚いてくれなくなってしまったわけですね。プラス、これも兄貴が指摘しているとおり、今回は「巨匠バンド」が提示した「理系ジャズ」という新しいコンセプトがあまりに魅力的で(イェイ)、すっかりお鉢を奪われた感はありますね。
ま、そういう意味では完敗であります。

なんですが、私自身の感想としては、今回はバンドとしてまとまり感のあるイイ演奏だったのではないかな?と思ったりしてます。
確かに新しいものは何も提示できなかったんですが、その分今まで以上に安定感のある演奏につながった(これはリズム隊の皆様のご努力によるところが大きいのですが)ような気がします。

あと個人的なことで言えば、久しぶりにライブでコピーを吹き倒しました(笑)これがその譜面。32小節×7コーラス分にわたる、トムハレルのソロです。
フォト

東京で年明けに行ったリハの際、兄貴に「コピーすれば?」と言われ一念発起(笑)翌日のべ2時間半をかけ完全コピー(とはいえかなり間違えているような気も)で、コピーに時間をかけすぎたので練習時間はのべ3時間ぐらい(爆)新潟へ向かう前日の夜中1時ごろに初めて通してふけるようになった。

まぁ、結果としてはよかったのではないでしょうか。モノホンにかなうわけはないのですが、少なくともぼくは気持ちよく吹けました(笑)
もちろんお客さんが元ネタを聴いたことがあるわけもなく、言わなきゃわからないのですが、言わないのもフェアじゃないな、という思いと、トムハレルへのリスペクトをこめて演奏後にカミングアウトしました。

あと実は新曲の Hit Or Miss も実はバンドとして相当良いできだったような気がします。気のせいかな(笑)もしそうだとしたらこのへんは自慢したいところ。
前回録音が残っていないNeptuneも含め、Bootlleger Tさまからの音源到着が楽しみです。


以上二日間で3バンド、それぞれに思いはあるものの、いつもどおり楽しく過ごさせていただきました。

改めましてバンドメンバーの皆様、会場関係者の皆様、実行委員の方々、璃事長どの・Bootlleger Tさま・そして聴きに着ていただいたたくさんの皆様に御礼申し上げます。
ありがとうございました。



さて、休むまもなく二月も放し飼い関係で二本ライブが決まっております!


るんるん2/16(水)19:30~ 放し飼いトリオ+@大塚ウェルカムバック

こちらは「Weekday Report」さんとの対バンで「Zawinul Tribute Night」という濃ゆ~い企画となっております。
http://www.welcomeback.jp/

るんるん2/19(土)14:00~ 放し飼いトリオ+@錦糸町 J-Flow
こちらではZawinul特集のあとに、セッションタイムも予定しています。
http://hwsa5.gyao.ne.jp/j-flow/

お暇な方はぜひご来場ください~!!
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jazzvtb.blog75.fc2.com/tb.php/57-d09a11d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。