FC2ブログ

じゃずバルブトロンボーン吹きの日常 in 新潟 改め 亀戸

ジャズ(および居酒屋)天国、新潟を離れ、東京のド下町からお送りする、極めて個人的なジャズ情報ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイブル

コメントでもちょっと触れておりましたが、バルブトロンボーン吹きを名乗っている以上、このアルバムに触れないわけにはいかんでしょう…とは思ってたのだが、なにせものぐさでね。
ということで、満を持してのレビュー。

mutualst.jpg

mutual street / ed bickert & rob mcconnell

royal garden blues
wrap your troubles in dreams
imagination/What is there to stay
i'll be around
april in paris
strange music
everywhere
open country
sweet and lovely
maybe you'll be there

ed bickert(G)
rob mcconnell(vtb)

この二人、ビッグバンドマニアの方はもしかしたらご存じかもしれませんね。
『rob mcconnell & the boss brass』というカナダを拠点に活躍していたビッグバンドでも、リーダーと良き相棒という関係。

バルブトロンボーン奏者としてはbob brookmeyerのほうが知名度は格段に上なんでしょうが、ぼくは誰がなんと言おうと圧倒的にrob派(たぶんそんな派閥は日本で一人(‥;))
フレージング・音色とも、まさにぼくにとっての『バイブル』です!
たぶん、このアルバムとめぐり合わなければ、まじめにバルブトロンボーンを吹こうなどということは考えなかっただろうなぁ。

このアルバムとの出会いはさかのぼること21年前、当時所属していた学バンの先輩トランペット奏者N嶋さんに、たぶんLPからダビングしたテープで頂いたのでした。
CDを入手したのはいつのことか、、、たぶん卒業して独り暮らしをはじめたころかな。池袋東口のWAVE(今は西武の中に移転して規模縮小してしまった)を徘徊していて発見したんだと思う。

正直、最初にテープを頂いた時の印象は『地味だなぁ』という感じ(^^;)
そんなに印象に残らなかったと思う。
ジャズを始めてはいたものの、その当時のアイドルと言えば、「ブレッカー・メセニー・サンボーン」(笑)いや、今も基本的には変わってないのだが、50年代のものとかぜーんぜん面白いと思わなかった。
確かそのとき一緒にマイルスのクッキンだかも一緒にもらったのだが、これもちっとも面白いと思わなかったなぁ、その当時は(*_*)
このアルバムの良さがわかるのには、だいぶ時間がかかったような気がする。

こんなことを言うと、ジャズのトロンボーン吹きの人から総スカンを食らうと思うが、ビッグバンドならいざ知らず、ジャズのコンボ演奏におけるトロンボーンソロというものにまったく魅力を感じていなかったのです。基本的には今も同じ。
JJとかフラーとか、そりゃうまいよね、あんな人たち間近で見たら卒倒すると思う。
だけどね、、、趣味じゃないのだ。どうせならgary valente(carla bleyのとこのトロンボーン吹きね)とか,せめてray andersonみたいな、「こんなんトロンボーンじゃなきゃぜってぇできねー」っていうほうが好き。
だけどね、あんなことできるのは「天才」もしくは「変人」。ぼくみたいなフツーの人には到底及ばない世界。

と、自分の進むべき道に悩んでいた時、光をあててくれたのがこのアルバムです。
ロブマッコーネルのソロは、自慢じゃないがぜんぶ唄えます。
ほとんどの曲を耳コピーしたし。
なんて言っても褒めてくれる人が一人もいないのがちと寂しいが(*_*)

推測ですが、このアルバム、デュオのわりにかなり細かく譜面書いてると思う。さすがはアレンジャー、聴いてるぶんにはあくまでさりげなくなんですが、細かいところで非常にオシャレな展開が満載。
取り上げてる曲もわりと古いスタンダードが多いけど、ちっとも古くさくは聞こえません。これはビカートのハーモニーセンスによるところが大きいのでは。

やはり特筆すべきは、二人のタイム感にまったくと言っていいほどズレがないこと。やっぱりこういうことができているからこその濃密なコミュニケーションなんだろうな。

ビカートは基本的に単音でソロをスタートさせるんだけど、そこにマッコーネルが少しずつ絡んでくるところなんか鳥肌モノです。バルブトロンボーンですから、バッキングと言っても単音なので、単調になるのが普通なんだけど、そこは名アレンジャー、おいしい"リフ"を次から次へとたたみ込んできます。
ソロからソロへ、ソロからテーマへの展開はとっても"シームレス"です。いちおうトロンボーンソロ・ギターソロっていう区切りはあるんだけど、どちらかが完全に主役、ということではなく、ずうっとどちらも主役。このへんがデュオの一番おいしいところですねぇ。

マッコーネルの良いところをあえてあげれば、やはり八分音符のアーティキュレーションの素晴らしさでしょう。フレーズ自体は特に突飛なことはありませんが、どんなにカンタンなフレーズでも完成されたアーティキュレーションで聴くものを魅了します。
ま、それは僕が八分音符オタクなだけだからかもしれんが(‥;)
音色はどちらかといえばダーク、だけど暖かい感じ。

あぁ、こういう風に吹ける日はくるのでしょうか・・・くる訳がない(^^;)

ビカートについてはぼくがあえてコメントしなくてもいいでしょう。きっとそのうち「ジャズ友」がレビューするはず(笑)ということで、よろしくお願いいたしまぁす(と振ってみた)


なんだか抽象的なことを書きつらねてしまいましたが、個人的にはもっと評価されていいアルバムじゃないかなぁ、と思います。でもね、当たり前だが、これ、廃盤(爆)
買おうと思っても買えないんだよぉだ。
くやしいでしょ・・・・・あ、「くやしくない」。
そですか。

では退散(‥;)

スポンサーサイト

コメント

わぁ、振られてる。

低音好きな私は、トロンボーンは好き☆
今のお気に入りは、ロビンさま。
ホランドと来日するのです。
トロンボーンとは思えぬM(__)M、アグレッシブさ、とリズム感?。
八分音譜フェチも満足するとおもうんだけど。

あとはね、ニルスラングレン、って、ピンクのヤマハのトロンボーンもってる「歌う」トロンボーンも時々聴く。好きなベースがいるから。
オラアッカーマン?は音色はあんまり好きじゃないけど、やっぱ、かっこいいと思う。好きなギターがいるから。

つうことで、エド&ロブは書けたら、とらばするわ。
エド、ってか、ギターも詳しくないけど、ここでこの話題できるのやぎさんだけだから。
でも、今日は、秋空にもうねうね、クリポタだったわ。

  • 2007/10/06(土) 12:12:14 |
  • URL |
  • ジャズ友(一応♀!!)@にいがたぁ(^_^);; #v1I8VnKg
  • [ 編集]

反応はやっ!!

たびたびのご登場、いたみいります。

>今のお気に入りはロビンさま。

そう。確かにアグレッシブなんだけど、ぼくの中ではけっこう「正統派」の延長っていうとらえかたかなぁ。
八分音符のことについて言えば、スライドでは構造的にぜったいできない(少なくともぼくには・・・)部分があるのですねぇ。この話しは長くなるので割愛^_^;

とはいえスライドを全否定してるわけでは決してないのですよ。スライドならではの良さ、というのは歴然としてある。ただ、相性としてはジャズよりサルサとかファンクのほうがぜんぜんいいと思うのでした。もちろんビッグバンドもベイシーのネスティコアレンジものとか、おいしいとこ満載でこれは楽しい。

>ホランドと来日するのです。

おぉ。ロビンはさておきクリポタ。見てぇ。でも、、、ぜってぇ無理(>_<)

>ニルスラングレン
>オラアッカーマン

それにしても、よう知ってはりますなぁ。。。サイドメン目当てとはいえ、幅広い。

>つうことで、エド&ロブは書けたら、とらばするわ。

期待してまっせ。

>でも、今日は、秋空にもうねうね、クリポタだったわ。

おぉ、、、見てぇ(しつこい)

  • 2007/10/06(土) 23:21:39 |
  • URL |
  • やぎ@にいがた #-
  • [ 編集]

わぁ、麗しき兄弟愛…

妹に逢いたくなったわ…。
クリポタ、私もあきらめていましたが、、妹に逢う、って理由でおでかけしたいなぁ。

素敵なアルバムを教えてくださって、ありがとうございました。
これね、私的にはかなりお気に入り盤です。
ホント、80年代の録音のようですが、古さをかんじませんよね。

でも、やっぱ、人様のバイブルを語るのは難しいです。なんだか、的外れなことばかりで恥ずかしいですが…。
そこは、素人の浅はかさ、ってことで。
ゆるしてくださいませ。

ま、水没のお見舞い、ってことでぇ。(^_^);;
大変でしたね…。
銀山平も反応したいことだらけなんですよぉ。
うむ、、すずっくは、白いご飯、きのこ、蕎麦、、みんな好き☆

  • 2007/10/09(火) 17:37:29 |
  • URL |
  • すずっく #B4e7kPp2
  • [ 編集]

兄弟愛?

なぜ?
アタマの悪いワタシにはこの流れがよくわからんです。

ま、とっても大雑把に言って「クリポタは見たい」ということか(笑)

さっそくの振りにお答えいただきサンキュです。トラバもありがとうございました!!
のちほどこちらからもトラバさせていただきます。

それにしても、いやぁ、恐れ入りますね、すずっくさんの批評。ぜんぜんお世辞ではないのですよ。個人的に思い入れの強いモノほど、何を伝えるべきなのかわからなくなるんです。
そういう意味ですずっくさんにレビューしていただいて、喉のつかえが取れた感じ(^ー^)

ぼくがバルブトロンボーン奏者だ、ということをおいといても、世のジャズ好きにぜひ聴いていただきたい一枚なのです。

ありがとうございましたm(__)m

そちらにも足跡つけに行きますねぇ。

  • 2007/10/09(火) 21:35:23 |
  • URL |
  • やぎ@にいがた #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jazzvtb.blog75.fc2.com/tb.php/32-020d262d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MutualStreet/EdBickert&RobMcconnell

秋空にデュオが似合う、って、事なのですが、すずっくはデュオを沢山持っております。なんでだろう?たぶん、寂しがりだからん。(バッシ)痛いんだから、、もうぉ。今日はね、ちょっと異色な組み合わせから。でも、考えたら好きな楽器群二つです。私ね、基本的に、「糸も...

  • 2007/10/09(火) 17:25:58 |
  • MySecretRoom

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。