FC2ブログ

じゃずバルブトロンボーン吹きの日常 in 新潟 改め 亀戸

ジャズ(および居酒屋)天国、新潟を離れ、東京のド下町からお送りする、極めて個人的なジャズ情報ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第10回 新潟ジャズストリートレポート

あっという間に一週間たってしまいましたが、記憶力の悪いワタシのこと、忘れないうちに老後のお楽しみ用の記録として書いてみましょー。

わが兄”八木敬之”もライブレポを書いてましたのでよろしければそちらもご参照を!
(ただしミクシイ日記なのでミクシイ会員じゃないと読めませんのでご了承を。。。)

レポはないけど、前スレでの予告どおり、兄がブログに音源を公開しております。どうゆう基準で選んだかは謎ですが・・・


★一日目<7・14>

この日は17時から本番に備え、13時からリハを予定しておりました。ということで、兄と西尾さんは12:30ごろに新潟駅に到着予定。九州に台風上陸!という状況もあって小雨の降る中駅までお出迎えに。
リハは、東堀にある某楽器屋さんのスタジオを、いちおうわがバンドのレギュラードラマーにして、その楽器屋さんでドラムの先生もされているK-FUNK氏のお力添えで予約していただきました。
おかげでめっちゃ割安 ^_^;

ワタクシ・兄・西尾さんの3名に続き阿部さんも到着。ちなみにマドモワゼルK嬢は別会場でライブがあった(秘密の花園、という実に妖しいバンド)ため残念ながら不参加。

西尾さんと新潟組はほぼ初顔合わせです。
”ほぼ”というにはわけがあって、実は1月のジャズストのときもわざわざ新潟までおいでになってたんですねぇ、、来るかも、という話しは知りつつも、ライブが終わるまで来ていたこともまったく知らずに、終了後に「どもども」なんて現れたもんだから・・・だからとりあえず顔は憶えてるよというぐらい。

じゃ、やってみますか、ということで一時間半ほどリハ。
「じゃ、テーマやってそのまんまコーダエンディングで!」
みたいなきわめてゆる~いリハ^_^;
そりゃこのメンバーですからねぇ。
曲自体はけっこうキメが多かったり、二管のハモリがあったりで、けっこうめんどくさいはずなんですが、きわめていい加減にスルーしました(-_-;)

恥も外聞もなくBBの曲なんかもやったわけですが、何より驚いたのは「西尾さんはBBを聞くのがほぼ初めて」だったということ。
世代的にはまさにリアルタイムであるはずなのに、、、
some skunk funk とかを青春ソングとして聴いていたワレワレ変態兄弟とは一線を画しますなぁ。。。
までも、さすがは西尾さん。ちょっと危ないところがありながらも余裕でこなします。

このときにいちおーピアノレストリオも予行演習!ということでやったnight and day がすごかった。(たぶん二日間の本番よりイイ出来)

てな感じでリハも終了。
みなそれぞれホテルにチェックインなどして、4時過ぎにこの日の会場であるSWANさんへ。ここで既に一本ライブをこなしてきたK嬢が合流。

14日のステージはちょっと長めで、17時~19時半までの2時間半ということもあり、ほぼ持ちネタフルでやってみました。
この日のセットリストはこんな感じ。

★1st set
four
ummg (upper manhattan medical group)
threesome
night and day
dolphin dance
black nile

★2nd set
moose the mooche
sweet tooth
chid is born
april mist
sail away
jacknife

基本的には6月ライブでやった曲とほぼ同じですね。
新曲は billy strayhorn の ummg のみ。
ま、エリントンにちなんだ曲、ということで、マドモワゼルK嬢のご推薦でやってみました。

しっかし、同じ曲をやっても面子によってこれほどサウンドが違うものかねぇ。うちのカミサン(JAZZ素人&音痴)でさえ、ぜんぜん違うねぇ、と感想を述べておりました。

初日分であえてコメントするならば、やっぱりどあたまにやったfour と threesome かなぁ・・・

four については、最初のドラムイントロがわかんなくなっていきなりフロント二人がでそこなう、というスタート、テーマもけっこうヘロヘロなんだけど、まその後は勢いで押し切る。という、今回のライブの縮図のような演奏^_^;

threesome については、メンバーが変わるだけでこうも暴力的(いい意味でね)な曲に変貌するのか、というところが、なかなかに面白かった。

てなわけで、無事、初日のステージは終了。
けっこー受けたのでメンバー一同気をよくしつつ、お待ちかね、ここからが本題です(*^_^*)

兄の日記でも触れられていましたが、古町を後にしたわれわれ一行はワタクシの自宅にほど近い(古町からはすっげー遠い)居酒屋へクルマで移動。

そこは知る人ぞしる名店「酒蔵 やど
もちろんホットペッパーにクーポンをのっけたりする店ではなく、(いちおうリンクをつけましたが、これはyahooの電話帳をご参考までにつけたのみ)おそらく場所柄県庁職員の皆様が主要顧客だと思われる。
この店の肴のクオリティの高さと、酒(日本酒)の種類の豊富さ、そして何より新潟弁まるだしで迎えてくれるおかみさんのざっくばらんなお人柄がすばらしい。

食べたものを思い出せるだけ書いておきましょう。
刺身盛り合わせ・枝豆・イカ塩辛・砂肝唐揚げ・クリームチーズみそ漬け・銀鱈(タレ)・ほっけ・鯖ミソ焼き・ネギマetc・・・
日本酒のほうは兄&西尾さんが薦められるままに見たことのない酒をぐいぐい飲んでましたが、とくに”鶴の友”という酒にはまっていた様子。

「この銀鱈のサクサク感はフィリージョージョーンズだ」という西尾さんの名言も飛び出しました^_^;

飲み会には細木だんな様&ベースの東さんも合流し、たいへん満足な時間を過ごしました(*^_^*)

で、すっかり出来上がった東京組&ワタクシはタクシーで再び古町へ。
前回に続きへべれけ状態で、セッションが行われている flash へ。
この後はもうなんだかわけもわからず、兄はステージ上で踊りだす始末。ちなみに西尾さんは・・・さきほどの店での痛飲がひびきドラムに座れない状態でした(^_^;)

ということで、ぐてんぐてんのままに一日目は終了。



★二日目<7・15>

翌日は14時本番と言うことで、数時間前まで酔っ払って暴挙を繰り返したflashさんへ13時に集合。
前日の酒と演奏疲れで全員ほどよいダラダラ感です^_^;

お客さんの入りは天候もあり、イマイチか・・・と思っていたら、始まってみれば立ち見の方もでるほどの満員御礼。

ちなみに二日目は14時~16時の二時間枠であったため前日よりはちょっと曲減らしてみました。

ちなみにこんな感じ

★1st set
four
ummg (upper manhattan medical group)
night and day
for heaven's sake
jacknife

★2nd set
moose the mooche
sweet tooth
april mist
dolphin dance
black nile

この日は、前日オーラスに持ってきていきなりとちった^_^;jacknifeを一部の最後にしてみました。
プラス・特別ゲストとして南雲麻美さんをお迎えして後半3曲を一緒にやってもらいました。

この日の模様(画像)はジャズイン新潟さんのほうにアップされておりますので、気になる方は見てみてください。
(ちなみにワタクシ汗だくで、非常に汚い感じですが)

この日の演奏で思い出すのは、ラス前dolphin danceのテーマを吹いていて、なんだか身震いがしたこと。兄はどう思っていたのかわかりませんが「兄弟である」ということをこれほどまでに強く意識したのは初めてかもしれない。
なんていうんでしょね?なんかキモチが「読める」感じなんです。
いろいろ細かいところで違うわけだが、(体のでかさとか女の趣味とか)なんだかんだ言って多くの共通項を持ってたりするものなんだなぁと。

ちなみに、この演奏も兄のブログにアップされとります。
ワレワレ二人だけではなく、トリオの演奏も含めて、何かいいかげんさの中に、深淵なものが隠されているような、いないような、けっこう”聴ける”演奏だと思います。

自分で言うのはなんですが、今回はけっこう聴いてるほうも盛り上がったんではと思います。わけはわからなかったかもしれないけど。
構図としては、”調和”の新潟組VS”破壊”の東京組
いいバランスだったのかもしれません。

やはり圧巻は西尾さんです。
キメが多くてけっこうストレスたまったんじゃないかと思いますが、やっぱり圧倒的な音量とすさまじいドライブ感。フロントとしてはちょっとおびえつつも「やらねば!」という気にさせる素晴らしいドラマーです。

それから、手前味噌ですが、兄。
やっぱりすごいや。
何がすごいっかて言うと、ほかの人にはまねの出来ない”音圧”なんですね、きっと。
これはね、たぶんその場にいた人にしか伝わらないものだと思う。
だって録音聞くとちょっとしょぼい感じだもん^_^;
うまいプロの人ってたっくさんいるし、そういう人と較べたら足元にも及ばないのは間違いないんだけど、こういう音を出せる人っていうのはそうそういるもんじゃないのだなぁ。あと相変わらず八分音符もすばらしいっす。ほめてつかぁす^_^;



ということで、二日目も盛況のうちに終了と相成りまして、東京組は東京へと家路を急いだ・・・

と思ってたら、実は懲りもせずへぎそば&ビールに舌鼓をうっていたらしい^_^;

ワタクシはこの後二日間の締めくくりで、21時~23時に行われるジョイアミーアでの長沢6に備えていったん帰宅&メシ。

帰宅する前によったジョイアミーア、セット替え中ということもあってか人も少なく、「あぁ、やっぱり昼まで天気悪かったから、もしかしたら今日はお客さん少な目かなぁ」などとおもっていたんですが、始まってびっくり、この時間にこれだけの盛況ぶりとは(確か立ち見の人も)
おかげさまで最後まで大盛況で気分よく終えることができました。

(それにしても、この日のit's allright with me は早すぎ(-_-;)もー限界ですよ・・・)

ということで、例によって細木夫妻・ayaco嬢と朝4時まで営業の「○の家族」へ(いっつもそこやな)
軽くねぇ!などと言いつつ、気がつくと空も白みはじめておりました。

ということで、怒涛の二日間も無事終了。

西尾さん・兄・マドモアゼルK嬢・阿部さんありがとうございました。
それから、実は影でいろいろとお世話になったK-FUNK氏。ホントにありがとうございました



と、すっかり終わったかに見せかけて、夏はまだまだ続くのです。
8月も実は暑いゾ。
乞うご期待。
バンドのみなさんもよろしく(^^♪
スポンサーサイト

コメント

新潟

チョーさんと一緒に演ってらっしゃるんですね!
宜しくお伝え下さい。
綾ちゃんにも…。

  • 2007/07/25(水) 11:54:12 |
  • URL |
  • MIE #-
  • [ 編集]

長沢せんせー

みえさん、おいでませぇ

実はそーなんですよ

ご期待に沿えるよーな演奏はちっとも出来ないんだけどね(--;)

  • 2007/07/25(水) 22:33:38 |
  • URL |
  • やぎ@にいがた #-
  • [ 編集]

こっそりと・・・

ライブ音源が追加されました。
兄のブログからどーぞ。

  • 2007/07/28(土) 22:45:11 |
  • URL |
  • やぎ@にいがた #-
  • [ 編集]

聴いたぞな、、もし。

すげぇ、やぎ兄弟のバンド、えらくツボにはまりました。
4セット、ききたおしましたぜぇ。
面白くて、涙がでたわ。
しかし、、予想外に叙情派なやぎさんで、ちょっと、びっくり。

でね、ちょっと、、、
ブログでね、この長さは、、結構、みんなひくよ。(人の事はいえないのでありますが。。)
二回、あるいは、三回くらいにわけても、、よかったきがします。
え?すずっくさん、だって、長いって?
そうなんです。。長い。。
そこが、、「唯一」の欠点です。はい。

  • 2007/08/02(木) 08:30:07 |
  • URL |
  • すずっく #B4e7kPp2
  • [ 編集]

ありがとー!!

>すげぇ、やぎ兄弟のバンド、えらくツボにはまりました。

いわゆる
『笑いのツボ』ですね

>面白くて、涙がでたわ。

あ、やっぱし(^^;)

>しかし、、予想外に叙情派なやぎさんで、ちょっと、びっくり。

ホントの"叙情派"はjacknifeはやらないと思うぞ。

>ブログでね、この長さは、、結構、みんなひくよ

するどいご指摘。。。
基本的に何も考えてないので。
この長さに耐えられる酔狂な方のみ対象なのだ!
などと開き直らず、今後は気をつけまっす(*_*)

何はともあれ、お恥ずかしい演奏をおほめいただきありがとー。

機会があればぜひ!
特別優待しまっせ。

  • 2007/08/02(木) 21:40:29 |
  • URL |
  • やぎ@にいがた #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://jazzvtb.blog75.fc2.com/tb.php/22-b5a7683a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。