FC2ブログ

じゃずバルブトロンボーン吹きの日常 in 新潟 改め 亀戸

ジャズ(および居酒屋)天国、新潟を離れ、東京のド下町からお送りする、極めて個人的なジャズ情報ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【報告】 第20回 新潟ジャズストリート 二日目

ということで続き。

【二日目・7月15日(日)】

■8時すぎ
タクシーで帰ってきたところまではかろうじて覚えているが、その後の記憶がまったくない。
それを察知したメンバーからのモーニングコールでようやく起床。
やはり目覚ましすらかけておらず、思いっきり寝過ごすところだった。。。

とりあえず、シャワー・パッキングを済ませ、ホテルをチェックアウト。
コンビニで買ったサンドイッチをかじりながらリハ会場へ移動。
それにしても自分が酒くさい。

■9時半
なんとかヨテイの時間に会場に到着。まだだれも来てなかった(笑)
リハといえば「あぽろん」が定石ですが、今回は時間の関係上とりあえずドリーム音楽院のスタジオをお借りすることに。ほどなくくみちゃん・にしをさん・あずまさんが到着。11時前までひととおり曲あわせ。
で、ドリームにはドラムセットがなかったので営業開始時間に合わせ「あぽろん」へ場所移動しリハ続行。

リハ中私がブチキレたりして、バンドの皆様にはたいへんご心配をおかけしたようでスミマセン(笑)

■12時すぎ
いったんリハ終了。
ジャマな荷物をフラッシュ持ち込み。
さぁて昼ごはんは何を食うかと迷っていたら、Mikioさんが珍しく「付き合うよ」ということで、オススメの「滋列亭」さんへ。
基本は「涼麺(冷やし中華ですな)」を食べるはずが、どういう気の利かせかたか、いきなり紹興酒がお出迎え(爆)プラスメインの前にこちらの前菜の数々。


じれつていのザーサイ
ちょーうまいザーサイ

じれつてい突出し4種
ピータン豆腐ほか。ハズレなし

やっと酒が抜けてき&これから本番ということで、紹興酒は一口だけでなくなく遠慮しましたが、これで酒を飲めないというのはある意味地獄だ、というぐらいおいしいツマミの数々。
と、涼麺が到着するころにはすでにけっこういい時間。ということで完食しないままフラッシュへかけもどる。

と、これまたいつものことだが、前の出番のゆうやバンドはまったく終る気配なし(笑)そういえば、去年もまったく同じ状況だったはずだ(爆)

■15時
ライブスタート

いちおうセットリスト

Comrade Conrad (Bill Evans)*
Nardis (Miles Davis)*
Windows (Chick Corea)*
Regrets (Don Grolnick)
Naima's Love Song (JOhn Hicks)
This House is Empty Now (Elvis Costello・Burt Bacharach)*

I am That (Lars Jansson)
Change of Heart (Pat Metheny)
Think on Me (George Cables)*
Three Views of a Secret (Jaco Pastorious)*
Sashianova (Stafford James)*

*印はこのバンド的新曲。
新曲のなかではやはりWindowsあたりが受けが良かったようですね。
結果的に1セット目の曲すべてがピアノのイントロからスタートになってしまい、構成的にはちょっと失敗だったかもしれません。うん。もうちょっとしっかり考えなきゃだめだな。

2セット目についてはにしをさんに入ってもらったおかげで、だいぶ緩急つく感じになったかもしれない。
にしをさんの素晴らしさは言わずもがな、なんですが、ドラム入りになったことで、東さん・くみちゃんのコンビネーションの素晴らしさに改めて気づきました。やっぱりすごいなぁ。

ま、演奏全般としては反省すべき点がそれこそ「たっくさん」あるんですが、ま、演奏はやっぱり楽しい。
このメンバーで演奏できて本当に良かった。

なお、前回ヤギブラのビデオ録画を手がけていただいた「小野さん」が今回のこのバンドも撮っていただいたので、既に超高精細映像が私の手元に届いております。
許可もいただいたので、そのうち編集してアップさせていただきます。

と、ビデオだけでなく、デジ一で写真も撮っていただいていたので、その画像を。
演奏と集合写真に加え、なぞのポーズを決める私
(いつの間にこんな写真を・・・でもちょっと50年代ブルーノートジャケ風でけっこう気にいってる)

みんなで
演奏はいちおう真剣です

集合写真
はい、チーズ!

なぞのポース
いったい何しているときなのか?


■17時
ライブ終了。
私は一旦ホテルへチェックイン。くみちゃん・りじちょう・そしてなぜか外山安樹子さんという組み合わせの「女子会」に合流(正確には「婦人会」だが(笑))

当初お目当ての店がいっぱいだったため、やむなく古町モール内にある、コドモだましのしゃらくさいパスタ屋さん(いちおう匿名)に入る。新潟に住んでいるころからあまりいい印象はなかったのだが、ちょっとひどすぎ。
詳しくは書かないけど、サービス業としては致命的欠陥をかかえているぞこりゃ。

で、ここではビール一杯にしておいて、河岸を変える。
で、次に向かったのが最近出来たらしい店「蒲原亀蔵」
新しいお店らしくこじゃれた店内ながら、でてくる料理のクォリティーは新潟でもトップレベル。それでもってめちゃ安。

どうやら朝日酒造(久保田をつくってる酒蔵)と関係があるらしく久保田は百寿から翠寿(すいじゅ)まで完璧な品揃え。もちろん朝日酒造以外の酒も品揃えされており、この日は途中いったん退席した外山さんとほぼふたりで「真野鶴」と「鶴齢」を5合ほどいただく。佐渡の酒といえば「北雪」が有名ですがこの「真野鶴」もなかなかに良いお酒でした。

と、ネットで見てみると、このお店、けっこう昔からチェーン展開しており、「蒲原」と名のつくお店がほかにもたくさんあるようです。新潟市内で地物がいただけるチェーン店としては「よね蔵」グループが最右翼と思っていたが、コストパフォーマンス的にはこっちが上。

この日はひたすら飲み食いと悪口(笑)で大いに盛り上がったため、写真を一枚も撮らなかったのが若干悔やまれる。新発田産極太アスパラとか、もち豚炭火焼とか、自慢したいものは山のようにあったのになぁ。

ということで、この日は11時前に解散。
余談ですが、この頃にしをさんはフラッシュ前でのぐだぐたの末、奇跡の復活を遂げ、二時間ほどベースを弾きまくったらしい。


ということでジャズスト参戦の記録は以上。

それにしても新潟は素晴らしい。
特に今回は新たな発見もあり、さすがは新潟の底力、というところか。
今回はいろいろあり実現しなかったけど、次は夜の滋列亭にいく!という大きな目標も出来たし(笑)

ということで、関係者の皆様。まことにありがとうございました。
いつの日かまた新潟でお会いしましょう。

万代橋
帰り道すがら、万代橋より日本海側を望む
スポンサーサイト

【報告】 第20回 新潟ジャズストリート 一日目

すでに1週間が経過しましたが、いちおう記録。
今回はなるべく簡潔にすませよう(笑)

【初日・7月14日(土)】

■朝9時
小雨降るなか家を出発。
タクシーで上野駅に向かう車中から一枚。

すかいつりー

■10時過ぎ
新幹線で新潟へ向け出発。
今日のメイン「スティーリー初段」の譜読みに専念。
だれだかわからなかったけど、どうやら隣に座ったお姉さまも参加者らしく、しきりにメールのやりとりをしていた。

■12時過ぎ
新潟到着。
今回も宿の予約が遅かったため、連泊できる宿がなく、一日目はやむなく駅近くのホテル。
とりあえず楽器・機材をおろしてからまずは駅そばの「富寿し」で腹ごしらえ。

富寿し

その後、時間に余裕もあったし、思いのほか涼しかったので徒歩で古町まで移動しスワン・フラッシュにご挨拶。
「本番前だしな・・・」ということで我慢していたのに結局フラッシュでビール飲んでしまう。うまい。

■15時
いったんホテルへ戻りシャワーを浴びて休憩。
うたた寝してたらあっという間に出発時間になり、あわてて準備。

■17時
本日ライブ会場「NSTゆめホール」に到着
今日は涼しいな、とたかをくくっていたら、いつの間にか晴れてて着くころにはすでに汗だく。
せっかくシャワー浴びたのに。
などとおもっていたら、なにやらバンドメンバーに不穏な空気が漂う。
実はレンタルのドラムセットに「シンバルがない」という事実が判明。
一時はどうなることやら、と心配したが、同業の方が快くシンバルを提供してくださりなんとか解決。

■18時
本日のメイン「スティーリー初段」のライブスタート

初段


セットリストはこんな感じ。

Gaslighting Abbie
Kid Charlemagne
Black Cow
Aja
Deacon Blues
Peg
Home At Last
I Got The News
Josie
Bodhisattva
Goodbye Look

Black Cow~JosieがSD不朽の名盤「Aja」収録曲。
私自身は好きなのだが、こういうホンセクをやる、というのはほぼ初めて。
けっこう細かくとちったりしましたが、概ね楽しく演奏できました。

でもやっぱりこういう音楽はライブハウスのほうがはまるよなぁ。
もしまた新潟で、という機会があればなんとしても「ジョイアミーア」でブッキングしたいところ。

■19時以降
初段ライブに続いてラッパのタツミさんのオクテットライブがあったので、とりあえずステージ裏のテラス席でコンビニで調達したビールとツマミで乾杯。相次ぐトラブル(笑)のせいか若干スロースタートではあったが、ヘンリー塚本話をきっかけにいっきにヒートアップ(笑)ガラス越しに奏でられているたいへん上品な音楽とは対照的に下ネタ一直線に盛り上がる初段メンバー。

とりあえず一旦中へ移動し、ようやくタツミさんバンドをちゃんと聞く。とこれが凄い。
「流麗」という言葉がぴったりの非常に洗練された音楽。ほぼすべての楽器が生音で、なおかつあのうわんうわん音が回る音響の中でのあの素晴らしいバランス。音量も小さく一見クールなんですが複雑で小粋なアレンジとレベルの高い洗練されたソロで実はとても熱い音楽でした。うーむ。これは逆立ちしてもぼくにはできん。

たつみさんバンドを堪能した後は、車で古町へ移動。
ドライブのBGMはドリフターズ。加とちゃんパワーに圧倒されながらきぐちに到着。
この時点できぐちはすでに満席。ということで、とりあえず新潟居酒屋ではそこそこ定評のある「五郎」の姉妹店「たらふくうなり」に移動。うにさざえ・岩がきなどを堪能してから、今度はお約束のきぐちへ移動。
この間ひたすら下ネタで盛り上がり続ける初段一行。うーむ、聞きしに勝る最低加減(笑)
なおかつ、このような状況下で主要メンツ3人がシラフ・日帰りするというところが恐ろしい。

うにさざえ
岩がきをほうばるシュガーさん


ということでとりあえず一日目は終了。

二日目へ続く。
(ぜんぜん簡潔じゃない)

※文中の画像の一部は外山あきこさん・祐天寺ひろみさんのつぶやきより拝借いたしました。

ジャズストリート!!

新潟の夏の風物詩、ジャズストリートまであと3日となりました。

兄の国外追放に伴い(笑)ヤギブラはありませんが、ぼくも二つのバンドで出演予定。

14日 18:00-19:00
スティーリー初段@NSTゆめホール 

ご存知スティーリーダンのコピーバンド「スティーリー初段」がついに新潟に登場!かの名盤Aja全曲コンプリート+αをお送りする予定。

15日 15:00-17:00
Step Of Three@ジャズフラッシュ

今年で三度目の出演となるこのバンド。後半のセットは特別ゲストにドラマー西尾研一を迎えて、クァルテット編成でお送りします。(って、それけっこう普通だけどね)
今回も全12曲中8曲が新ネタ。演奏はともかく(笑)自信の選曲となっておりますので、ぜひともお越しください。

では、週末新潟で!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。