FC2ブログ

じゃずバルブトロンボーン吹きの日常 in 新潟 改め 亀戸

ジャズ(および居酒屋)天国、新潟を離れ、東京のド下町からお送りする、極めて個人的なジャズ情報ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤギブラ 秋の新潟ツアー報告

またまた新潟へ行ってまいりました。
ホントはその前の日(11月21日)の放し飼いトリオ+から三連荘ということなのですが、そのお話しは兄の日記
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1001789930&owner_id=7238953
にまかせるとして、今回はヤギブラの話限定でご報告。

■初日(11月22日)

17時ジャズフラッシュに集合。
このメンバーで集まるのは7月のジャズスト以来なので4ヶ月ぶり。
兄弟とはいえ、私生活では決して仲良しというわけではないので、もちろんなんの打ち合わせもなく別々に到着(笑)。

今回のツアーのコンセプトとしては「マイナーバージョンアップ」ということだったので、前にやったことのあるレパートリー&スタンダードを適当に並べてやればいいかな?ぐらいのキモチで考えていたのですが、その間に冬ジャズストのタイムスケジュールが判明。どうやら次回はリハの時間が取れないということが確定したため、今回のツアーでそれなりに新曲をこなしておこうということにしました。なので、初日のリハについてはけっこう時間をかけてひととおりやってみました。

今回の新曲での目玉は「this masquerade」ですな。ボブバーグのnew birthというアルバム(確か初リーダー作だったのでは・・・)のアレンジを、毎度のことですがみーく嬢が耳コピした譜面。

それから、これはマイミクさえこちゃんのリクエストでやった「well you needn't」。これなんか、たぶん自分ではあえて選ばないと思うんだけど、結果的にとってもヤギブラ的選曲だったといえましょう。ま、デモにしたのがリーブマン先生のpendurumだったというのがああなった原因かも(笑)とにかく盛り上がってよかった。ありがと、さえこちゃん!

あと、メンバー的にはちょっと不評(みーく嬢曰く「意味わかんない」)だったようですが「one finger snap」もなかなかにこのバンドらしさが出せたのではないかと思います。

ということで初日のセットリストはこんな感じ。

◇1st stage
1 well you needn't*
2 my romance*
3 dolphin dance
4 chan's song*
5 this masquerade*

◇2nd stage
1 sweet tooth
2 bud powell*
3 the christmas song*
4 one finger snap*
5 success failure

*がヤギブラ的には新曲

と、書いてみるとほとんど新曲ですな(笑)
放し飼いのレパートリーである2-2だったり、感謝祭のときにトリオ演奏でやった1-4だったりと純粋な新曲ではないものもありますが、前回夏のジャズストでやった曲は2-5のみということを考えると、十分メジャーバージョンアップに値する内容なのでは。
2-2はマツケンさん対策。
2-3は璃事長対策その1ですな。


会場であるjazz flashさんはヤギブラ的には「ホーム」なイメージなのですが、考えてみるとまだ昨年夏・今年の冬の2回の出演のみなのでした。やっぱり夜中のセッション乱入のイメージが強いのだな(笑)マスターとマイミクmikioさんには打ち上げも含め大変お世話になりました。冬もぜひよろしくなのです。

会場はリハ終了前からお客さんが集まり始め、はじめるころにはほぼ満席。
前から存じ上げていた方や、新潟を離れてからここ(ミクシイ)でお知り合いになった方など、たくさんのお客さまにお集まりいただきました。これもひとえに現地宣伝部隊の努力の賜物といえましょう。璃事長さま、さえこさまありがとうございました!

それにしても新潟のお客さまはつくづく辛抱強い。
あんだけ冗長なソロが続いても誰一人帰らないんだからたいしたものだ(笑)
時に真剣に、時に大盛り上がりでワレワレの演奏を聴いていただきました。
みなさん口をそろえて「楽しかったです!」と仰っていただいたのですが、これもある意味脅迫の結果か(爆)いちおうバンマスなので、全体的な印象としてはどうだったのか気になるところではあります。よろしかったらご批判・ご要望を書いて頂けるとありがたい。。。

個人的には、前日にステージこなしてきたということもあり、まったく緊張感なく^^;演奏に集中できたかな。でもまぁ初日ということもあってちょっと力入ってたかもしれません。
唯一悔まれるのはchan's songのソロ。春の感謝祭のときはそれなりだったのになぁ・・・あ、それがまぐれだったのか(-_-;)精進します。

で、終了後ジャムセッション。
わたしはtohiyukiさんとトロンボーン対決をさせてもらいました。
若者三人のリズム隊もなかなかにいい感じでしたね。
管楽器とかギターとかがいなかったのはちょっと寂しかったな。

さてなんだかんだと終わると既に時計は11時を回っており、そそくさ片付けて打ち上げ会場である「ゲっぽ」へ。ここは夏のジャズスト打ち上げで来てたので二回目です。
酒&つまみについてはにしょおさんと兄が書くであろうから割愛しますが、やはり期待を裏切らないすばらしい味。この日の結論としては「八分がどうとか四分がどうとかいってるうちはまだまだ青二才、エルビンは1コーラス、モチアンは5コーラス単位!」ってことにつきますな(笑)

ということで、記憶は定かではないが2:30ぐらいに長い一日が終了(^_^;)


■二日目(11月23日)

10時過ぎにホテルをチェックアウト。
地元であるにも関わらずなぜかお泊りしている璃事長(笑)のクルマで長岡へ向け出発!
途中、新潟に住んでいるころに良く食べていた三条のラーメン屋「侍ラーメン」にてラーメンを食べたりしながら高速を使わずのんびり移動。

ドライブのお供は(きっとたまたまなんだろうけど)巨匠モチアン先生のエレクトリックビバップバンド。で、これがまたすげぇのだ。口では説明できんのだが、きっと今後のヤギブラ的には大きく影響を及ぼす内容かと思われます(^^ゞ

13時会場である音食に到着
メンバー全員この時点では「目が死んでいる状態」
動きもすこぶる緩慢(笑)
私は二日酔い明けで背脂入りのラーメンなんか食ったもんだから、お腹こわしてちょっと辛かった(・・;)

で、元気もあまりないので、のそのそ準備をして本日の新曲のみちょっとリハ。
開演30分前にはさっさとリハを終わらせて、近くの喫茶店「郭公」にてお茶しながら待機。

開演時間をしばらくすぎてから電話にて呼び出され会場入りしたときには、やっぱりこちらも大入り満員。スバラシイ!!
で、二日目のステージ開始です。

◇1st stege
1 well you need't*
2 my romance*
3 star eyes
4 sail away
5 jacknife

◇2nd stage
1 one finger snap*
2 bud powell*
3 christmas time is here*
4 this masquerade*
5 success failure


選曲的にはせっかくなので一日目とはちょっと変えてみました。
順番とか直前にいい加減に決めたのですが、結果としては前半に旧曲、後半に新曲が集まってますね。1-3/4/5あたりはある意味ヤギブラの代表曲とも言えるナンバーですね。

長岡のお客さまも、みなさんとっても暖かく迎えていただき感謝です。
誰がみてもバレバレ(笑)の初駒さんや、トリオ演奏を見に来てくれたりもしていたigaさんなど、マイミクさんも多数かけつけてくれました。ありがとう。

演奏としてはこれまた客観的にはようわからんのですが、二日目(正確には三日目)の疲労感がいい感じに作用して、「ムダな力の入ってない」内容だったような気がします。
で、ムダな力が入ってない状況であることにより(かどうかわからないけど)バンド内のコミュニケーション能力はちょっとアップしたような気がしました。

こちらでも終了後にジャムセッション。
マイミクばんますさんやほら吹きさん、それから今回のツアーの立役者の一人であるさえこちゃんなどを交えて演奏。

で、終了した後はもちろん打ち上げへ(笑)
この日は阿部さんもお泊りだったので参加。たぶんこのメンバー全員で飲んだのは初めてだな。阿部さんもいい具合に酔っていらっしゃって、いつもよりちょっと饒舌に(笑)
やっぱり阿部さんがいないとこのバンドはなりたたないなと改めて実感。
お仕事帰りのホソキだんな様も合流。う~ん、いつもながらスバラシイですな、その酔いっぷりは(笑)さえこちゃんともけっこうお話しできて楽しかったです。

で、予定では東京組三名はこの日のうちに帰るつもりだったのですが、、、
意思の強いにしょおさん以外のダメ兄弟は結局泊まることに。
ここですっかりタガの外れた私。酒はそれほど強くないのでうちあげでもそんなしこたま飲むわけじゃないんですが(兄対比1/3ぐらいかな)この日は飲んだなぁ。それも日本酒ばっかり。それでも兄対比1/2ぐらいか(笑)

で、結局7時過ぎに入店してから閉店まで居座り、さらにもう一件ハシゴしてからホテルに帰ったということです。昨日は寝たりしてないのだが、後半はかなり記憶が不確か。
あんまり記憶が飛ぶことはないのでちょっと不覚です。よけいなことしゃべったりしてないといいが・・・失礼な発言がありましたらお許しを!


と、怒涛の二日間(三日間)が終了しました。
あっという間に終わってしまい、なんかちょっと寂しい感じもしますが、良く考えれば二ヶ月後にまたいくわけだからな(^^ゞ

自分でいうのはなんですが、このバンドもとはジャズストリート向けのスペシャルセッション的なものだったのですが、ここ一年ぐらいでだいぶ「バンドの個性」みたいなものが出てきたような気がします。年に数回の演奏ですから、当然カンペキにというわけにはいかないのですが、なんか自然と意思疎通ができるようになってきた。まぁ、私を除けばみなさん百戦錬磨ですから、当たり前なのかもしれませんが、いちおうバンマスとしては大変幸せなわけです。

また今回は単独ライブにも関わらず、たくさんのお客さんにお越しいただき、ワレワレの演奏を楽しんでいただいたというのもこれはバンマス冥利につきるというものです。

お越しいただいたお客さま、諸事情あってこれなかったけど応援していただいた皆さん、会場を提供してくださったJAZZ FLASHの佐藤さん、音食の荒木さん、今回のツアーのために強力な宣伝活動をしていただいたさえこちゃん、璃事長、そしてバンドのメンバー全員に改めまして感謝!

次は1月です。
再びみなさんいお会いできることを楽しみに。。。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。