じゃずバルブトロンボーン吹きの日常 in 新潟 改め 亀戸

ジャズ(および居酒屋)天国、新潟を離れ、東京のド下町からお送りする、極めて個人的なジャズ情報ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

jazz street!!

春のお祭り二日間が終わりました。

いろいろハプニングもあったけど、そりゃもう楽しく過ごさせていただきました^_^;

足を運んでいただいた皆様、ありがとございました。

個人的な収穫は、ドラマーK-FUNK氏を交えての飲みですなf(^_^)
おつきあいけっこう長いわりに実は飲むのは初めてで、やっぱり楽しかったですよぉ。
機会があればまた一杯やりましょ。
あ、もちろんH夫妻も、あやちゃんも、ね。

あとは、二日目のセッションで思いがけずTOKUさんと山本剛さんという大御所お二方と共演するという暴挙に及んだことも、やっぱりこういう機会じゃないとありえねー状況で、まことにありがたいこってす。

長沢好宏6+AYACOとしての活動は、AYACOさんの喉の手術のカンケーもあり、夏のジャズストリートまで小休止になりますが、その間に長沢バンドを離れて一発ライブを計画中なのでした。

また、夏のジャズストでは「リターン・オブ・わがままブラザース(仮称)」の企画も進行中!

GW後半には秘密兵器購入の予定もあり、そのへんのお話しもおいおい書いていきたいと思います。
スポンサーサイト

アセロラミント

ほんとにどーでもいい話。。。

こないだ、近所のファミマでこんなものを見つけました。

アセロラミント

最近は無印の品揃え(特に食品)はちょっとマニアックな方向だなぁ、などと思いつつ、タバコ吸いのぼくとしてはビタミンC補給目的で買ってみました。

でね、ま、味はいいんですよ。
ありがちなタブレットの味。

ただね、
臭いがえらく気になる。

なんだか、遠い昔に嗅いだことのある臭い。
う~ん・・・なんだっけなぁ、これ(?_?)

などと考えながら二日が経った今日。
ついに思い出しましたよ!!

あれあれ!
アゲハチョウの幼虫(まだちっちゃいやつ)をつっついたりすると
にょきってオレンジ色の触覚みたいなのを出す時の臭い。

実家にあったみかんの木によくくっついてたなぁ。


ところでぼくは極度の虫嫌いなわけです。
そいえば、その発端もアゲハチョウの幼虫だったなぁ。

まだ小学校の低学年のころ、庭のみかんの木にいるアゲハの幼虫(青虫)を兄がつかまえて、プラモデルに使うスプレー塗料(ホワイト)をぶっかけて、(白虫)にしちゃった。
挙げ句の果てに、もてあましてしまい、池に投げ込んじゃったんだったな。

しばらく夢に出たよ(T_T)
庭に生えてるシダの葉が巨大青虫に見えてこわかった。

ま、虫嫌いな理由は他にまだあるんだけど、さらにどーでもいいので割愛。


さて、ついに週末はジャズストです。
リハ2回目も昨日こなしてきました。

その模様については深くは語るまい(^^;)

興味のあるかたはりゅうとぴあ or ジョイアミーアへ GO!!

明日が見えなくなったときに・・・

世の中すっかり春ですねぇ。

昨日は思いがけず春の嵐といったところでしょうか?
すごかったよねぇ、バス停(の看板?)が倒れてたもん。
そんななか、やっぱり日本人ですからちょっと遠くの公園までカミさんと花見に行ったりしてました。

個人的には春というと「転勤の季節」なわけですな。
新潟に来て既に3年と3ヶ月たちました。
で、そろそろ候補にあがってもおかしくない時期なわけです。
ま、とりあえず今回は免れて、あと半年はいる、ということ。
アタマの中では「よっしゃ、やるぞぅ」などと気合が入るんですが、そこはやっぱり春ですな、いまいち行動に移す気力というのはない。


話しは変わりますが、先日、仕事の待ち時間がヒマなのでケータイですずっくさんのブログを拝見してました。

なんかね、すご~く切なくて、でもあったかいお話しでした。

基本ノーテンキなぼくですが、なんだか先が見えなくなったりして、ダメになることとかもあるんですよ。たまにだけどね。
世の中「考えたから解決する」ってことばかりじゃないのに。
そう思うと人間ってつくづくばかですよねぇ、虚勢をはったり、落ち込んでみたり・・・自分の「力」ですべてねじふせようと思ったりする。

でもね、そんなばかだからこそけっこう愛おしかったりもします。


またまた話しは変わって・・・
先週、新潟にできたばかりの○ュンク堂という巨大本屋でさそうあきらという人のまんがを買って読んでました。

「トゥルー・カラーズ」という34の色をテーマにした短編集です。

ほかの作品でもそうですが、この本にはたくさんの「どーしようもないばか」が登場します。
「どーしようもない」と書きましたが、それはたぶん誰しもが持っている「どーしようもなさ」
ま、いちおうマンガですから、ちょっとした事件とかオチとかはあるんですが、この人のマンガにはそういうどこにでもいる「どーしようもないばか」への愛情があふれてます。

今日に疲れたときに、ほどよく「キモチの凝り」をほぐしてくれますよ!
truecolors.jpg

リハ(その一)

今日(もう昨日か…)は長岡で長沢6+AYACOのリハでした。

今回に関してはちょっと気合入ってますよ。
何しろ新曲が目白押し。インストで5曲・歌モノで2曲。
一気にこれだけ曲増やすっていうのは初めてなんじゃないかなぁ。

またこれがムズイのなんの(-_-;)

しばらく練習をさぼってただけあってまったく指も口もついてこないっす。

なぁんて事情もありーの、予定にはなかったんだけども一回リハすることになりました。よかったぁ(^^♪

ちゃあんとできればかっこいいよ、きっと…

割り箸でメンマ!

すごい記事を発見しました。

あの、ラーメンに乗っているメンマですよ。
衝撃的です。
だまされたと思って一度読んでみてください。

割り箸を使ったメンマの作り方

ちなみに情報源は、独自の視点でラーメンを語るすばらしいサイト
新潟ぬるいラーメン情報」さんです。
新潟在住でなくとも、十分楽しめる素晴らしいサイトですので、
こちらもぜひ!!

On This Day...At the Vanguard(CD)・Paris Concert(DVD)/Joe Lovano Nonet

on this day...

on this day...

今日はまとめてふたつ。
最近のお気に入り、ジョーロバーノのノネットです。
リンクさせていただいてるタクオさんの掲示板でも紹介したことがあるんですが、最近新たにDVDも発売されたのであらためて。

えっと、内容はというと、「これぞジャズ」って感じ。
ロバーノというと、けっこう触れ幅の広い人でモチアンのトリオ・ジョンスコ・フルバンドなど活動歴も多彩ですし、方向性もストレートアヘッドなものからフリーまでなんでもありな訳ですが(そのへんが国内での過小評価につながるのかな?)こちらに関しては誰が聞いても「これってジャズだよね」っていう、某有名誌でゴールドディスクをもらってもおかしくないような内容です。

とはいえ、本人としては批評家筋におもねったりしたわけではなく、きっとすべて同列に「楽しい」だけなんでしょうね。

演奏・録音の質としては、やはり圧倒的にCDに軍配があがります。
曲の構成もロバーノの多彩な音楽性を十分に満喫できる内容なんでは。

このアルバムでの収穫はなんといっても最近とんとご無沙汰していたスティーブスレイグルの参加でしょう。正直カーラブレイバンドでのプレイとか、マイクスターンとの共作ぐらいしか知らなかったので、久しぶりに聴いてちょっとびっくり。
カッコイイよ。

でDVDのほうですが、収録時期も前作との間ぐらいで、アルバムで聴けるほどの完成度ではありません。
だけどだけど、やっぱり映像はいい。
もちろんロバーノの伸び上がったあとのカニ歩きも見れます(笑)
リズム隊のタイトなコンビネーションや、メンバーの表情など、DVDならではのお楽しみは満載。

あと、これだけは言っておかなきゃ。アルバムとの決定的な違いは・・
バリサクがゲイリースモリアンだっていうこと。
いんやぁ、久しぶりに見たけどすごいのなんの。
なんていったらいいのかなぁ、汚いたとえですが、
「内臓が飛び出しそうな」もしくは「今にも嘔吐しそうな」演奏なわけです。とにかくぜんっぶ八分音符でめまぐるしく吹きまくります。
どんだけ息すってんだよ!っていう感じ。
メインじゃないのでソロ短めなのはしょーがないか・・・
余談ですが、ふくろうみたいなメガネがとってもお茶目ですな。

ロバーノもそうだけど、特にこの人なんかはとっても過小評価されてる気がするのはぼくだけでしょうか・・・なぁんて偉そなこと言っときながら、リーダー作は持ってないんだな^_^;こんど買ってみよっと。


えっと、ここで再び宣伝モード。

とっても気に入ったので、この中の一曲をジャズストでできるよう画策中です。といっても6管を3管に直さなきゃいけないわけですが、そんなことぼくに出来るわけもなく、有能なピアニストK嬢にアレンジ依頼中なのでした。
>K嬢 よろしくですぅm(__)m
ここに書いたからにゃもうあとにはひけませんぜ。

ちゃんとお披露目できるかどうかはゴールデンウィークまでのお楽しみ!

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。